ジオキャッシュの座標をその場でカーナビに入力する方法
(マップコード利用)


(賞味期限切れ) GC本家アプリの仕様変更により、現在ここで紹介している方法は機能しません。新たに作成した gc2navicon をご利用ください。(2015年3月1日記)

車でハントする時は、車載のカーナビで道案内してもらいたいですよね。
ガーミン製カーナビはPQファイルをそのまま読み込めます。あるいは、PQファイルを変換してカーナビに読み込ませる方法もあります。でも、どちらも事前の準備が必要です。
キャッシュの座標を直接カーナビに入力する方法もありますが、カーナビは日本座標系を採用しているものが多く、そのまま座標を入力するとズレた場所に案内されてしまいます。
というわけで、例えば新しいキャッシュが公開された直後とか、その場でカーナビにキャッシュ座標を入力したい時に使える方法を説明します。


[用意するもの]
1) iPhoneアプリ「NaviCon」
http://navicon.denso.co.jp/user/support/about/index.html

2) マップコード対応カーナビ あるいは NaviCon対応カーナビ

3) kondo3d謹製ブックマークレット 「gmap2navicon」
javascript:(function()%7Bvar%20url0=location.href;var%20url1=url0.split(%22%2540%22).join(%22@%22);var%20coord=url1.substring(url1.lastIndexOf(%22@%22)+1,url1.indexOf(%22&t=%22));window.open(%22navicon://setPOI?ver=1.4&ll=%22+coord+%22&appName=00000000&title=cache%22,%22_self%22);%7D());
2014-01-18: 小修正してios7に対応しました。
上枠内のブックマークレットをコピペしてブラウザのブックマークに登録しておきます。
登録方法はここを参考に。


[使い方]
1) GC公式アプリでカーナビに送りたいキャッシュを選択する。

2) 「外部の地図で表示」を選択する。


3) safariブラウザが起動され、地図中心にキャッシュが表示される。
この状態で、ブックマークのアイコンを押す。


4)ブックマーク一覧から登録したブックマークレットを選択する。


5) NaviConが起動され、キャッシュの位置とマップコードが表示される。


6) カーナビにマップコードを入力する。
マップコード対応カーナビの場合は、カーナビ上でマップコードをキーインする。


NaviCon対応カーナビの場合は、NaviConで「ナビへ送信」を押す。


7) カーナビ上にキャッシュ位置が表示される。ここへのルート検索をして、Go!




eizoさんがデモビデオを作ってくれました。ぜひご覧下さい。


[備考]
・マップコードの精度は約4mです。カーナビには十分な精度ですが、ピンポイントでキャッシュ位置を見たい時は、GC公式サイト/アプリなどを使ってください。

・safariブラウザが起動されずに、Googleマップアプリが起動されてしまう場合は、次の方法でGoogleマップの自動起動を解除してください。
    設定 > Safari > Cookieとデータを消去
 ただし、他の設定もリセットされてしまうかもしれませんのであしからず。

・Androidでも同様な方法でできると思われますが、未確認です。

5,287 accesses
kondo3d.com is a personal site of Kazuhiko Kondo.
Kazuhiko Kondo
kazz@kondo3d.com

Last Modified: 18-Jan-2014